仮想通貨取引の操作で必要な6つの事

仮想通貨の取引所に登録が完了したら、仮想通貨取引で行う行動はたったの6つの事しかやりません。

各取引所のトレードツールは直感的に作られており非常にわかりやすいので、初心者でも簡単に安心して取引することができます。

■ スポンサーリンク

仮想通貨取引の操作で必要な6つの事

仮想通貨取引で初歩的な操作を紹介します。これから仮想通貨に参加したい方はどんなことができるのか参考にしてください。

取引所に入金する

取引所に入金をします。取引所に入金することで、仮想通貨を円建てで購入することができます。入金方法は、各取引所によって異なりますが概ね3つの方法で入金ができます。

  1. 銀行振込
  2. コンビニ入金
  3. クレジットカード入金

取引所から出金する

取引所から現金を引き出すことができます。取引所で、仮想通貨を売買して得た現金を指定の銀行口座に送金することができます。

取引所でコインを買う

取引所に入金した現金で、24時間365日仮想通貨を購入することができます。取引所によって扱うコインやペア通貨が違うため、欲しい通貨がどこの取引所で扱っていて、ペア通貨(交換可能通貨)は何かを把握して取引を行いましょう。

取引所でコインを売る

取引所で購入した仮想通貨を売ることができます。24時間365日仮想通貨を売ることができます。仮想通貨は円だけでなく、取引所によっては「BTC⇔ETH」など他のアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)とも取引が可能です。売った後は、出金することで銀行に現金を送金する事ができます。

※上記図は板取引の場合のイメージです。

取引所でコインを送金する

取引所から他の取引所または、指定のアドレスへ送金することができます。送金する際は、相手の各仮想通貨専用のウォレットアドレスを入力し、コイン数を入力するだけで送信が可能です。送金は24時間365日可能です。送金手数料が各仮想通貨によって割合が違いますが、銘柄によっては円の送金手数料なんかよりもはるかに安く速度が速いものもあります。速度も、銘柄によっては3分後には着金するものあれば、1日~2日かかる銘柄もありますのでご注意を!

取引所でコインを受けとる

取引所でコインを受け取ることができます。受け取るには、送金元に各通貨の専用ウォレットアドレスを教えてそのアドレスに送金してもらう必要があります。受取先のアドレスは、QRコードでアドレスを教えたり、メール等で「3F4jevoE4V4XsrQyaVdfMwxAnBQFuMUh00」のような各自の専用アドレスを教える必要があります。銀行でいうと振込先のようなものです。

たったこれだけの操作を、スマートフォンやパソコン上で行うことで仮想通貨取引に参加できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする